アジア株:上昇、ドバイ危機の懸念緩和で-銀行や日本の輸出株が高い

30日午前のアジア株式相場は上 昇。アラブ首長国連邦(UAE)の中央銀行が内外の銀行を支援する 声明を発表し、ドバイ首長国の政府系持ち株会社ドバイ・ワールドが デフォルト(債務不履行)して損失が拡大するとの懸念が緩和された。

オーストラリアのナショナル・オーストラリア銀行(NAB)と コモンウェルス銀行はともに3%余り上昇。ドバイに関連した「実質 的な」損失は見込んでいないとしており、これが材料視された。北米 での売上高が20%以上を占める日産自動車とソニーも、円が米ドルに 対して下げたことを背景に、ともに買われた。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午前11時23分現在、前 週末比2.5%高の116.79。5月19日以来の大幅上昇となっている。 590億ドル(約5兆1200億円)に上る債務を抱えるドバイ・ワール ドが返済延期を債権者に求めたため、同指数は先週2.6%下落し、週 間ベースとしては過去8週間で最大の下げを記録した。日経平均株価 の午前終値は前週末比217円41銭(2.4%)高の9298円93銭。

-- With assistance from Akiko Ikeda and Kotaro Tsunetomi in Tokyo. Editors: Darren Boey, Sam Waite

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Jonathan Burgos in Singapore at +65-6212-1156 or jburgos4@bloomberg.net; Shani Raja in Sydney at +61-2-9777-8652 or sraja4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE