マイクロソフト会長:米経済は「踊り場」-成長の兆候は限定的

米マイクロソフトの共同創業者、 ビル・ゲイツ会長は29日、米経済はこれ以上落ち込むことがない「踊 り場」に達したと指摘しながらも、成長の兆候は限られているとの認 識を示した。

ゲイツ会長は、NBCテレビの番組「ミート・ザ・プレス」で「踊 り場に達したのは確かだ。状況が大幅に悪化することはない」と指摘。 「パニック期は優にすぎ去った」との見方を示した。

ブルームバーグ・ニュースがまとめた11月のエコノミスト調査に よると、米経済の10-12月期の成長率は年率3%の見込み。エコノミ ストの間では米経済について、1930年代以降最悪のリセッション(景 気後退)からの回復が進むなか、失業の拡大が家計支出の足かせにな っているとの見方が優勢だ。

ゲイツ会長は「皆が異なった証拠を見て」さまざまな業界の回復 ペースを見極めようとしていると指摘。「成長の兆候はなおかなり限定 的だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE