平野長官:首相と日銀総裁、量的緩和含めて意見交換する(Update2)

平野博文官房長官は30日午 前の会見で、鳩山由紀夫首相と日本銀行の白川方明総裁が近々 会談することを明らかにした。具体的な要請をすることが目的では ないとしたものの、日銀が量的緩和の判断をするかどうかも含めて の意見交換をするという。

平野氏は、今回の会談について「もともとの話は10月に首相と 日銀総裁とは意見交換している。そのときの発言として定期的に意 見交換をしようという中で、近々に会うことは承知している」と述べ た。日時については「まだ決まっていない」という。

日銀総裁に対して量的緩和を含めて何らかの対策を取るよう求 めるのかとの質問に対しては、「そうではないのではないか。これは 中央銀行としての独自性ということもある」と指摘。その上で、「経済 の状況の認識が同じなのかどうかを含めての意見交換だと思うし、 日銀が量的緩和ということに判断されようとしているのかどうかを含 めての意見交換だとわたしは理解している」と語った。

これに関連し、参院は同日午前の本会議で、水野温氏日銀政 策委員会審議委員の後任に、神戸大学教授の宮尾龍蔵氏を起用 する人事案について採決。自民党は欠席したが、投票した与党と 公明、共産、無所属議員の計151人の全会一致で可決した。参院 事務局が投票結果を明らかにした。

ただ、同人事案は同日午後の衆院本会議では議題とされなか ったため、最終決定は12月1日以降に持ち越された。水野氏の任 期は同月2日まで。

Editor: Hitoshi Sugimoto,

参考画面:記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人  Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE