ドバイ金融市場、再開初日の株価はストップ安の公算-全業種に売りも

【記者:Vivian Salama】

11月30日(ブルームバーグ):アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ 首長国では30日、金融市場が取引を再開する。政府系投資持ち株会社 ドバイ・ワールドが債務繰り延べ要請を公表した後に行われる最初の 取引となるが、株価は監督当局が許容する最大限の下落、すなわちス トップ安に見舞われることになりそうだ。

ドバイ・ワールドは25日、590億ドル(約5兆1100億円)の債 務繰り延べを要請したことを明らかにし、東京からニューヨークに至 るまで世界的な株価急落を招いた。また、ドバイ首長国の債務の保証 コストも倍に跳ね上がった。

ドバイのヘッジファンド、ガルフメナ・オルタナティブ・インベ ストメンツの責任者ハイサム・アラビ氏は、株価がストップ安になる と予想。「投資家らは不安で落ち着かない気持ちで市場が開くのを待っ ている。政府が事態を明確に説明する声明を出さなければ、向こう数 日は荒れ模様の展開が続くだろう」と話す。

やはりドバイを拠点とするアルカーム・キャピタルのキャッシュ エクイティ・トレーディング責任者、アリ・カーン氏は「いずれか1 つのセクターが打撃を受けるとは考えていない。少なくとも初日は、 業種を問わずあらゆる株式が影響を受ける公算が大きい」と語った。

ドバイ金融市場指数の騰落率は昨年、主要株式指数のワースト10 に入った後、今年はこれまで28%上昇しているが、上昇率はMSCI 新興市場指数の上昇率(66%)の半分に届いていない。ドバイ・ワー ルドに関する政府の発表が行われる前の25日の終値は1%高の

2093.16だった。

To contact the reporter on this story: Vivian Salama in Dubai vsalama@bloomberg.net

To contact the editor responsible for this story: Claudia Maedler at cmaedler@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE