日本株は3日ぶり反発、全33業種上げる-ドバイ不安後退で円高一服

週明けの日本株相場は3営業日ぶ りに反発。アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ首長国への信用不安が 和らぎ、急激な円高が一服したことを好感した。過度の収益懸念の後退 でトヨタ自動車や東芝など輸出関連株中心に買い戻され、国内の政策期 待から不動産や銀行も急反発。東証1部の33業種はすべて高い。

日経平均株価の終値は前週末比264円3銭(2.9%)高の9345円 55銭。TOPIXは同28.93ポイント(3.6%)高の839.94。東証1部 の騰落銘柄状況は、値上がり1491に対し値下がり136と、全体の約9 割が上げた。

住友信託銀行の瀬良礼子マーケット・ストラテジストは「ドバイ・ ショックによる先進国の金融機関の損失計上はまだ聞かれておらず、ひ とまず安心感が広がっている」と指摘。しかし、年末を控え資金繰り懸 念は拭い切れず、「不安感が残っており、日経平均で1万円の回復は厳 しいだろう」との見方を示した。

UAE中央銀行による銀行支援表明を受け、ドバイへの信用不安が 後退、急激な円高の流れが一服した。東京時間30日のドル・円相場は 1ドル=86円台で推移。米国の低金利継続観測やドバイの信用不安を きっかけに、前週末27日の東京市場では同84円83銭まで円が急伸し、 1995年7月以来の円高値を付けていた。

UAE中銀は29日、ドバイ政府系持ち株会社ドバイ・ワールドの デフォルト(債務不履行)の可能性に伴い、損失に直面するUAEの銀 行と国内の外銀を「支援する」と表明し、新しい融資制度の下で追加資 金の供給を実施すると発表した。

円相場は先週末の安値から2円近く円安になり、過度の円高懸念が 後退して電機や自動車、機械など輸出関連株に朝方から買い戻しが先行 した。TOPIXの上昇寄与度上位には電気機器、輸送用機器、化学、 機械などが入った。東証1部の売買代金上位では、トヨタ自動車やホン ダ、NEC、東芝、コマツ、キヤノン、ソニーなどが軒並み高い。

政策期待も、首相と日銀総裁近々に会談へ

政府や日本銀行による政策期待も支援要因となった。平野博文官房 長官は30日の会見で、鳩山由紀夫首相と日本銀行の白川方明総裁が 近々会談することを明らかにした。具体的な要請をすることが目的では ないとしたものの、日銀が量的緩和の判断をするかどうかも含めて意見 交換するという。東証1部33業種の値上がり率1、2位は不動産、銀 行だった。

不動産の中では、大和証券SMBCが投資判断を「1(買い)」継 続としたアーネストワンのほか、新規に「2(強気)」とした飯田産業 やタクトホームの上げが目立った。同証の古島次郎アナリストは、「パ ワービルダーの株価は資産デフレ下でも成長できるビジネスモデルとし ての評価を充分に織り込んでいるとは言えない」(27日付リポート)と 指摘する。パワービルダーは、建売住宅を低価格で売る住宅会社。

買い戻しの域脱せず

もっとも、全体相場は買い戻しの域を脱しておらず、日経平均で 301円という前週末の下げ分を埋めるには至らなかった。30日付の毎日 新聞朝刊の報道によると、藤井裕久財務相は29日夜、ドバイ・ショッ クで急騰した円相場について「今の事態は静観しないといけない。介入 はあり得ない」と述べており、為替動向に引き続き目が話せない状況が 続いた。

明和証券の矢野正義シニアマーケットアナリストは「ドバイ・ショ ックは円高のきっかけに過ぎない。根本的な問題は日本政府の対応にあ る」と指摘。その上で「民主党政権がグローバルに連携できず、為替介 入できないのをマーケットは見透かしている」と話す。

午後の取引時間中に、ドバイ・ワールド傘下の不動産開発会社ナヒ ールが、一段の情報提供ができるまですべてのイスラム債の取引の一時 停止を求めたと伝わると、円相場は一時1ドル=86円4銭と円高方向 に振れ、株式相場の上値も重くした。ナヒールのイスラム債はドバイ取 引所に上場している。

DNAは年初来高値

個別では、三菱UFJ証券が投資判断を「市場平均並み」から「ア ウトパフォーム」にしたディー・エヌ・エーが年初来高値更新。従来よ り走行距離が2倍の電気自動車用リチウムイオン電池の開発にめどをつ けた、と29日付の日経新聞で報じられた日産自動車や、自動車の窓向 けに高機能樹脂を使った素材を実用化した、と30日付の同紙が伝えた 帝人が3日ぶりに反発。

半面、新株発行で最大122億円を調達する、と前週末に発表した宮 崎銀行が急落し年初来安値を更新。三菱電線工業はストップ安(値幅制 限いっぱいの下落)の69円。三菱マテリアルとの株式交換比率が、三 菱線1株に対して三菱マテ0.32株の割り当てとなり、三菱マテの27日 終値201円を基準にした理論株価64円を意識した売りが膨らんだ。

新興3市場は軒並み高

新興3市場は軒並み上昇。ジャスダック指数は前週末比1.5%高の

45.73、東証マザーズ指数は同3%高の387.19、大証ヘラクレス指数は 同1.5%高の512.65。

個別では、為替相場の乱高下で取引量拡大が期待されたマネーパー トナーズグループがストップ高。コスト削減に努めた結果、09年5- 10月期の最終利益が従来予想を36%上回ったようだと発表したアスカ ネットはストップ高買い気配のまま終えた。半面、25日付で大和証券 SMBCが「アウトパフォーム」に格上げし、直近で人気化していたU Tホールディングスは3日ぶりに反落した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE