タイ中銀はサイアム・シティ株売却で10億ドル求める-関係者

タイ中央銀行は保有する同 国銀行サイアム・シティ・バンクの一部株式売却で、英スタンダ ードチャータード銀行や豪オーストラリア・ニュージーランド銀 行(ANZ)などに今週接触する計画だ。事情に詳しい関係者2 人が明らかにしたもので、同中銀は約10億ドル(約870億円) を求めているという。

関係者によると、タイ中銀が予備的な文書を送付するリスト には、中国銀行と中国建設銀行、カナダのノバスコシア銀行も含 まれている。売却手続きが部外秘であることを理由に匿名で語っ た。

タイ当局は、外資による国内銀行の所有制限を緩和しつつあ り、金融業界での投資と競争の促進のために新たな免許を与えて いる。同中銀が保有株を売却するのは、2008年6月にバンクタ イの株式42%をマレーシアの金融機関CIMBグループに売却 することで合意して以来2度目。

タイ中銀は今月、保有するサイアム・シティ株のうち47.6 %への応札を12月中旬から受け付け、来年3月末までに売却を 完了する計画であることを明らかにした。関係者1人によると、 同中銀は保有分すべてを段階的に売却する可能性がある。

サイアム・シティの株価は年初の約4倍に上昇し、同国株式 市場の指標となるSET指数の51%高を上回っている。関係者 によれば、今回の売却の取りまとめ役にはスイスのUBSが起用 された。

この件に関するタイ中銀当局者とサイアム・シティのチャイ ワット・ウタイワン頭取のコメントは得られていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE