中国の金の需要・供給、09年はともに過去最高水準に-黄金協会

中国黄金協会によると、中国の 2009年の金の需要と供給はともに過去最高を更新しそうだ。宝飾品 の消費が急増する一方、相場が過去最高値を更新したことから鉱山各 社が生産を増強している。中国は世界最大の産金国。

中国黄金協会の張永濤・副事務局長は29日、昆明で開かれた会 議で、同国の09年の金需要が450トンを超え08年の395.6トンを 上回り、生産も310トンと08年の282トンから増加するとの見通 しを示した。中国の産金量の増加率は、過去8年間で平均9.5%とな っている。

中国は07年に、南アフリカ共和国を抜き世界最大の産金国とな った。産金会社が出資する業界団体ワールド・ゴールド・カウンシル (WGC)は今年7月、中国が消費国としてもインドを抜き首位にな る可能性があるとの見方を示した。ドル相場の軟化で代替投資資産と しての貴金属の需要が拡大したことから、金相場は26日に最高値の 1オンス=1195.13ドルに達している。

WGCの投資調査担当マネジャー、ロザンナ・ウォズニアック氏 は「中国は今年、金の供給国としてだけでなく、消費国としても首位 となる可能性が高い」と指摘した。WGCが提供したスライドによる と、7-9月(第3四半期)の世界の宝飾品需要は引き続き軟調だっ たが、中国は例外だった。

--Feiwen Rong. Editors: Richard Dobson, Ross Larsen.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 堀江 広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913 hhorie@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Feiwen Rong in Beijing at +86-10-6649-7563 or frong2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Mike Millard at +65-6212-1519 or mmillard2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE