JVCケンウッド:音楽子会社売却を断念、ペンタックス買収も白紙

JVC・ケンウッド・ホールディン グスは、一時検討していた不採算の音楽子会社の売却を断念し た。グループ内にとどめた方が事業戦略上、有利と判断したた め。合わせて、いったんは模索した、デジタルカメラなどを手掛け るペンタックスの買収についても、白紙に戻した。

28日の日本経済新聞朝刊の報道を認める形で、広報・IRチ ーム統括マネジャーの能勢雄章氏が明らかにした。同HDは27 日に、トップ交代を含めた音楽子会社の経営再建策を発表して いた。

読売新聞は今月4日付朝刊で、同HDが音楽子会社をゲー ム大手コナミなどに売却する交渉を行っており、月内にも妥結の 方向と報道。読売は同じ4日の夕刊で、デジタルビデオカメラ事 業強化に向け、ペンタックス買収を検討中と伝えていた。報道を 受け、5日の同HD株価は急騰し、前日比11%高の50円を付け ていた。

能勢氏は28日、音楽子会社売却を検討したことは認めなが らも、コナミなどと「具体的な交渉には至らなかった」と述べてい る。同HD株価の27日終値は34円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE