米年末商戦:ブラックフライデーの客足は前年上回る-ベスト・バイ

米年末商戦は感謝祭翌日でブ ラックフライデーと称される27日に本格的にスタートした。家電量 販店ベスト・バイやディスカウントストアのターゲット、玩具小売りの トイザラスの全米各地の店舗には、テレビやノート型パソコン(P C)、ハムスターのロボットなどのブラックフライデーの値引きを狙う 買い物客が早朝から押し寄せた。

世界最大の小売り会社ウォルマート・ストアーズは午前5時から 298ドル(約2万5800円)のヒューレット・パッカード(HP)製ノート 型PCなど特売品を売り出して客を集めた。ベスト・バイのブライア ン・ダン最高経営責任者(CEO)によると、早朝の来店客数は前年 を上回るペースで、店頭の買い物客の列は前年より長く、ウェブサ イトの閲覧者数も多いという。

米小売各社はブラックフライデーの開店時間を早め、早朝来店 客に大幅値引きを提供しているが、消費者の間では今年は昨年よ りもギフト購入の出費を抑える予定だという声も聞かれる。

ノースカロライナ州グリーンズボロにあるベスト・バイの店舗前の 列の先頭に並んだトラック運転手のエイハブ・エルズビアーさんは、 前日の午前9時に到着し妻や家族と交代で陣取り開店を待ったと 言う。サムスン製42インチ型薄型テレビ(547.99ドル)やソニー製 ノート型PC(399.99ドル)などを買う予定だと話すエルズビアーさ んは20時間待つことで、最大1000ドル節約できると思ったとい う。

全米小売業協会(NRF)の発表資料によると、米小売業者の報 告ではブラックフライデーの客足は好調で、予算を気にする消費者 が家電製品や玩具、衣料品の特売品目当てに来店しているとい う。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE