ドバイの債務、投資家想定の900億ドルを上回る公算-UBS(訂正)

UBSは、アラブ首長国連邦(U AE)ドバイ首長国の債務が、投資家が想定している800億-900 億ドル(約6兆9000億-7兆8000億円)を上回っている可能性が あるとの見方を示した。

UBSのアナリスト、ザウド・マスード氏は26日のリポートで、 「恐らくドバイの債務には相当額の簿外債務が含まれている。従っ て負債総額は現時点までに想定されている800億-900億ドルを 上回っているとみられる」とし、「これは、ドバイ政府の最近数週間 のソブリン債発行は今後の償還期限に対応するのに不十分だとい うことを示唆する」と分析した。

ドバイは最大200億ドルの債券発行の計画を示していた。25 日には590億ドルの債務を抱える政府系投資会社ドバイ・ワールド が社債償還期限の延期を交渉する間の「スタンドスティル(停止)」 合意を債権者に求めた。ドバイ・ワールドの債務のうち、傘下の不 動産開発部門ナキールのイスラム債35億2000万ドル相当は12 月14日に返済期限を迎える。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE