グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国 が債務返済延期を図っていることを背景に銀行株が急落し、ハンセン 指数は約1年で最大の下落となった。

英銀HSBC(5 HK)は7.6%の大幅下落。事情に詳しい関係 者は、同行がドバイ・ワールド向けの債権を持つと明らかにした。 26日の英市場で4.8%下げていた。同じく英銀のスタンダード・チ ャータード銀行(2888 HK)も8.6%安。

中国の金属リサイクルを手掛ける中国金属再生資源(773 HK) は4.9%安。株式5.54%を保有する投資家に一定期間売却を禁じる 条項の撤廃を認めたことから売られた。原油安を受けてペトロチャイ ナ(中国石油、857 HK)をはじめ石油株も安い。

ハンセン指数は前日比1075.91ポイント(4.8%)安の

21134.50で終了。下げは3月9日以来で最大だった。一時は5.1% 安を付けた。前週末比では5.9%下落し、週ベースの下げは3月6日 終了週以来で最大。業種別のハンセン金融株指数は5.7%下落し、ハ ンセン指数の下げを主導した。ハンセン中国企業株(H株)指数は前 日比5.1%安の12472.13で、下落は3月30日以来で最大。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。上海総合指数は週間ベースで3カ月ぶりの 大幅な下落率で週を終えた。商品相場の下落と増資懸念を背景に、素 材関連株と金融株が売られた。

中国最大の銅生産会社、江西銅業(600362 CH)は8.7%安。 アルミニウム生産で国内最大手の中国アルミ(チャルコ、601600 CH)は4.3%安。産金で国内最大手の紫金礦業(601899 CH)は、 資産家の株主の1人が同社株を売却したことが嫌気されて7.7%安と なった。

資本増強のため複数の選択肢を検討していることを今週明らかに した中国銀行(601988 CH)は2.2%安。前日に香港市場に上場し た中国民生銀行(600016 CH)も続落し、4.4%安だった。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動す る上海総合指数は、前日比74.72ポイント(2.4%)安の3096.27。 週間ベースでは6.4%安と、8月14日に終わった週以来最大の下落 率となった。銀行による資本拡充のための増資が増えるとの懸念が重 しとなっている。上海・深セン両証取のA株に連動するCSI300指 数は、同3%安の3382.51。

中国第2位の保険会社である平安保険(601318 CH)は保有株 式を約100億元相当削減したと27日付の上海証券報が報じた。同保 険は株式相場への弱気見通しを理由に前週だけで70億元相当の株式 を売却している。同保険株は4.3%安。

JFアセット・マネジメントの中華圏チーム責任者、王浩(ハワ ード・ワン)氏は、「わたしは市場が過剰に反応していると考えるが、 正常化には時間がかかるかもしれない」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落。アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長 国の政府系企業が債務返済の延期を求めたことで、高リスクの新興市 場資産への投資意欲が後退するとの見方から、インド株、通貨、債券 はともに売られた。

デベロップメント・クレジット銀行(ムンバイ)の債券ディーラ ー、デベンドラ・ダス氏は、「ドバイ問題は、世界経済が回復すると してもそれはまだ先だという見方を裏付けた」と語った。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は前日比

222.92ポイント(1.3%)安の16632.01で引けた。週間ベースで は4週ぶりのマイナスとなった。

時価総額でインド最大の企業、リライアンス・インダストリーズ (RIL IN)は1.7%安、国内2位のソフトウエアサービス会社、イ ンフォシス・テクノロジーズは2.7%下げた。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比136.5ポイント(2.9%)安の

4572.1。

【韓国株式市況】

韓国株式相場は下落。韓国総合株価指数は前日比4.7%安の

1524.50で引けた。下げは1月15日以降で最大。一時は前日比 5%安の1519.4を付けた。ドバイ首長国の政府系投資会社ドバイ・ ワールドの債務返済問題を受けて、投資家が新興市場から撤退すると の懸念が強まった。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比248.25ポイント(3.2%)安の7490.91。

【シンガポール株式市況】

シンガポール株式市場はイスラム教の祝日のため休場。取引は 30日に再開される。

【マレーシア株式市況】

マレーシア株式市場はイスラム教の祝日のため休場。取引は30 日に再開される。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比5.36ポイント(0.8%)安の680.37。

【インドネシア株式市況】

インドネシア株式市場はイスラム教の祝日のため休場。取引は 30日に再開される。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比44.85ポイント(1.5%)安の

3044.97。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE