中国人民元先物:2週間ぶりの大幅下落-ドバイ関連でドル買い観測

中国人民元先物は27日、2週間 ぶりの大幅な下落率となった。アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首 長国の政府系企業が債務返済の延期を要請したことで新興国の相場が 下落し、投資資金は相対的に安全なドル建て資産に向かうとの観測が 背景。

交通銀行のアナリスト、劉鑫氏(香港在勤)は、「ここ数日、リス ク回避のセンチメントが元先物(ノンデリバラブル・フォワード、N DF)市場を支配しているのは明らかだ。元高容認の問題で中国に圧 力をかける国が増える中、中国政府は人民元政策を見直す必要がある かもしれない」と指摘する。

ブルームバーグのデータによれば、1年物の元先物は香港時間午 後5時33分(日本時間同6時33分)現在、前日比0.3%安の1ドル =6.6375元。中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人 民元の現物相場は6.8284元で、前日の6.8265元からほぼ変わらず。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE