独ティッセンクルップ:約2万人の削減を計画-「脆弱」な景気回復で

ドイツの鉄鋼最大手、ティッセン クルップは27日、2010年9月期に約2万人の従業員を削減する計画 を明らかにした。景気回復は「脆弱(ぜいじゃく)」で、10年に「自 律的」改善が見込めないことを理由に挙げた。

エッケハルト・シュルツ最高経営責任者(CEO)はエッセンで の記者会見向けに用意されたコメントで、同社従業員数は今年9月末 の18万7495人から、10年9月末には約16万7000人になることを明 らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE