大成建「要請来てない」、ゼネコン各社がドバイの影響でコメント

アラブ首長国連邦(UAE)ドバ イ首長国の政府系投資持ち株会社ドバイ・ワールドと不動産開発会社 ナキールの2社が債務の返済延期を要請したことを受けて、大成建設 や清水建設など大手ゼネコン各社が以下の通りコメントした。

◎大成建設IR室の井上泰夫氏 「支払い延期要請の通知はきてい ない。先方は休みに入り、確認が取れない」 同社はドバイの人工島と岸をつなぐ海底トンネル工事などを担当し た。

◎清水建設広報担当の浅川玲氏 「遅延要請は来ていない」 同社は2006年9月にナキール社から、高級分譲コンドミニアム、「マ リーナ・レジデンス・アンド・タウンハウス」(約540億円)の建設 工事を受注した。

◎鹿島建設経営企画部の山内秀幸氏 「ドバイで進行中の案件はあ るが、ドバイ・ワールドとは取引はない。今後、どのような影響があ るかわからない」 ◎大林組IR担当の野崎智之氏 「当社はドバイ・ワールドやナキ ールと取引はない。ドバイ交通局以外に受注はしておらず、影響はな い」 両社は2005年にドバイ市と都市鉄道システム(一部地下鉄)建設を 受注した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE