ベルルスコーニ首相夫人、故ダイアナ妃上回る離婚慰謝料を請求も

イタリアのベルルスコーニ首相 の夫人、ベロニカ・ラリオさんが離婚訴訟で請求している慰謝料は、 故ダイアナ元英皇太子妃が1996年にチャールズ皇太子と離婚した時 に求めた額を上回る可能性がある。婚姻法の専門家1人が明らかに した。

イタリアの離婚弁護士、アナマリア・ベルナルディーニ・デ・ パチェ氏はインタビューで、「故ダイアナ妃を上回る記録的な金額に なると考えている」と語った。ラリオ夫人が毎月の生活費などに350 万ユーロ(約4億5000万円)の支払いを求めているとのイタリア紙 コリエレ・デラ・セラの報道について、コメントした。

ベルルスコーニ首相の2番目の妻であるラリオ夫人は、複数の 未成年者との交際について同首相を公然と非難した後、今年5月に 離婚の意思を表明。同国の法律では、夫婦が離婚するには3年間の 別居期間を経る必要がある。

ベルルスコーニ首相は同月、女優のノエミ・レティツィアさん (18)と「刺激的な関係」持ったことを否定した。米誌フォーブス によれば、同首相の個人資産は総額65億ドルに上る。

英紙サンデー・テレグラフが04年に報じたところでは、故ダイ アナ妃は1996年7月の離婚合意の一環として、1750万ポンド(現在 のレートで約25億円)を一括で受け取ったほか、個人オフィス向け 費用の手当も獲得したという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE