アジア株:下落、ドバイ・ワールド債務繰り延べ要請で-商品安も嫌気

27日午前のアジア株式相場は下 落。アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国の政府系投資持ち株会 社ドバイ・ワールドが債務返済繰り延べを債権者に要請したことによ る損失懸念のほか、円高が響いた。

大林組が大幅安。大和証券SMBCは、ドバイ・ワールドの資金 繰り問題が日本の大手ゼネコンのドバイでの工事代金回収に影響する 恐れがあるとの見方を示した。円の対ドル相場が14年ぶり高値付近 で推移したことから、ホンダも安い。世界最大の鉱山会社、オースト ラリアのBHPビリトンは3.3%下落。26日の原油と銅相場安が響い た。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午前11時12分現在、前 日比1.8%安の115.49。10月2日以来の大幅な下げとなっている。 日経平均株価の午前終値は前日比169円73銭(1.8%)安の9213 円51銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE