平野長官:為替介入行ったかのコメント控えたい-円高で(Update1)

平野博文官房長官は、27日 午前の閣議後会見で、外国為替市場での円の急騰について問 われ、急激な為替の乱高下があるとすれば好ましいことではな い、と述べた。また、同日朝に円売り介入を行ったかどうかの質 問に対しては、「コメントは差し控えたい」と語った。

平野氏は、為替市場の動向について「わが国の経済活動にと っても、どういう影響が出てくるかというところも含めて、非常に大 事だと考えており、注視をしている」と指摘。その上で、「急激な 乱高下があるとするならば、好ましいことではない」と強調した。

一方、ドル安の要因については「いろんなところにこの発言が 影響を及ぼすことも懸念されるのでコメントは差し控えたい」と述 べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE