欧州金融大手のドバイ投資は最大3.4兆円、数十億ドル損失も-FT

【記者:内田良治】

11月26日(ブルームバーグ):米金融大手シティグループと英バ ークレイズ、ドイツ銀行、クレディ・スイス・グループは26日、債務 繰り延べ要請を行ったアラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国の政府 系投資持ち株会社ドバイ・ワールドへのエクスポージャー(リスク投 資)が限定的ないし、わずかなものにすぎないと非公式に説明したも ようだ。

英紙フィナンシャル・タイムズ(オンライン版)が26日報じたも ので、これら金融大手の主張にもかかわらず、ドバイ首長国の経済情 勢の悪化に伴い、数十億ドル規模の損失が発生する可能性を業界アナ リストの分析は示唆している。

同紙がクレディ・スイスのリサーチノートを引用して報じたとこ ろでは、ドバイ首長国の政府系企業体が発行した債券への欧州の金融 機関のエクスポージャーは最大400億ドル(約3兆4000億円)に上る 可能性がある。アナリストによれば、これはドバイ全体の債務800億 ドルの半分を占める。ドバイ・ワールドだけで約600億ドルの債務を 抱えている。

クレディ・スイスによれば、欧州の金融機関はドバイに対するエ クスポージャー推定額の50%が失われた場合、2010年に貸倒引当金の 5%増加、すなわち税引き後で約50億ユーロ(約6400億円)の負担を 強いられる恐れがあるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE