NTTデ株が8カ月ぶりの安値、今期業績に対する未達懸念高まる

システムインテグレータ最大手の NTTデータ株が8カ月ぶりの安値へ大幅続落。中央官庁の年度末調 達停滞や子会社業績の下振れに対する不安が高まっている。みずほ証 券は今期の連結営業利益は会社計画を下回ると予想し、26日付で投資 判断を「ニュートラル」から「アンダーパフォーム」へ引き下げた。

株価は一時前日比3.9%安の24万2900円と大幅続落し、3月以 来の安値水準となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE