NY外為(27日):ドル上昇-ドバイ問題でキャリー解消

ニューヨーク外国為替市場はドル が大半の主要通貨に対して上昇。ドバイが債務返済の繰り延べを要請 したことを受け、ドル・キャリー取引(ドルを借り入れ高利回り資産 に投資する取引)の解消が進んだ。

円は対ドルで一時14年ぶり高値を付けたが、その後値下がり。 藤井裕久財務相が、欧米諸国の通貨当局と連絡を取り為替に関する共 同声明を出すことも含めて臨機応変に対応すると述べたことを受け、 日本が為替介入に動くとの観測が広がった。共同通信は27日、日銀 が同日の東京外国為替市場で、金融機関の市場担当者に為替取引の水 準などを聞く「レートチェック」を実施したことが市場関係者の話し で分かったと報じた。円高が進む市場への口先介入との見方もあると 共同は伝えている。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS) の為替ストラテジスト、ポール・ロブソン氏は「市場はドバイ問題の 影響を過小評価したようだ。短期ポジションの手じまいを急ぐ動きが 見られる」と指摘。「われわれはドルの状況が良くなっていると考えて はいるが、このリスク資産の売りは行き過ぎだ」と述べた。

ニューヨーク時間午後3時28現在、ユーロはドルに対し1ユー ロ=1.4960ドル。前日は1.5019ドル、前週末は1.4862ドルだった。 円は対ドルで前日比0.1%安の1ドル=86円69銭。一時84円83銭 と、1995年7月以来の高値を付ける場面もあった。ユーロに対しては 1ユーロ=129円70銭(前日は128円85銭)。一時126円91銭と、 4月29日の高値を付けた。

ドルは主要16通貨中13通貨に対して上昇。対韓国ウォンで1.7%、 対オーストラリア・ドルでは0.8%それぞれ上げた。

「システミックリスクへの懸念」

UBSのアナリスト、ガレス・ベリー氏(シンガポール在勤)は 「システミックリスクへの懸念と米国の休暇シーズンに伴う流動性の 低下が相まって、可燃性の混合ガスのような状態になっている」と指 摘。「ドバイ債務問題の余波拡大は、市場とリスク選好の双方が依然と していかに脆弱(ぜいじゃく)かということを示した」と述べた。

590億ドルの債務を抱えるドバイ政府系投資持ち株会社ドバイ・ ワールドは今週、全債務について支払い繰り延べを債権者に求めた。 返済繰り延べの交渉を進める間、全債権者に対し「静止合意」を求め る。

藤井財務相の発言

BNPパリバの為替ストラテジスト、セバスチャン・ゲーリー氏 (ニューヨーク在勤)はドル・円相場について、「対円でのドル押し下 げの動きには非常に驚いている」と言及。「藤井財務相は欧米諸国の通 貨当局と連絡を取ると述べたが、これは本気だ」との見方を示した。

ゲーリー氏は「円売り・ドル買い」を推奨。ドルが対円で14年 ぶり安値付近という現在の水準は、1年超の長期で見れば「プラス」 だと説明している。

ウェルズ・ファーゴの為替ストラテジスト、ヴァシーリ・セレブ リアコフ氏(ニューヨーク在勤)は「ドルが円に対し、1ドル=85円 を超えて下げた場合、介入の確率は大きく高まる」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE