ルーブル、対ユーロで4カ月ぶり大幅安-原油相場安やリスク回避で

26日の外国為替市場では、ロシア 通貨ルーブルがユーロに対して7月以来の大幅下落を記録した。原油 相場の下落やロシア中央銀行による為替介入の拡大、アラブ首長国連 邦(UAE)ドバイ首長国の政府系投資持ち株会社が全債務の支払い 繰り延べを債権者に要請したことを受けて投資家がリスク資産から資 金を引き揚げたことが背景。

ルーブルは米ドルに対しては1.4%安の1ドル=29.1861ルーブ ルと、3日続落した。対ユーロでは1.3%安の1ユーロ=43.9841ユー ロと、4カ月ぶりの大幅下落。

ロシア株式市場では、商品相場安を受けて主要株価指数のMIC EX指数が26日午後6時5分(日本時間27日午前零時5分)現在、

3.7%安。MSCI新興市場指数も1.9%下げている。ルーブルの下落 率は、ブルームバーグが調査する新興市場通貨の中で4番目に大きい。

INGグループの外貨トレーディング責任者、アレクセイ・ボリ シェフ氏(モスクワ在勤)は「すべてがルーブルにとって悪材料とな り、特に市場の外部要因が響いた」と指摘。「投資家はルーブル建て資 産から資金を引き揚げている。ロシア中銀の文言が変わったことも、 ルーブルの下落につながった」と語った。

同氏によれば、ロシア中銀は26日にドル買い介入を実施し、「市 場の方向性を定める」一因となった。

同中銀のウリュカエフ筆頭副総裁は25日、投機的資金の流入が通 貨ルーブルを不安定にすることを防ぐため、同中銀は政策金利の引き 下げを継続すると述べている。

-- With assistance from Alex Nicholson in Moscow. Editor: Patrick G. Henry

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Paul Abelsky in Moscow at +7-495-771-7738 or pabelsky@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Kirkham at +44-20-7673-2464 or ckirkham@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE