米ファニーメイ、融資基準の厳格化を検討-ワシントン・ポスト紙

米政府の管理下にあるファニー メイ(連邦住宅抵当金庫)は、クレジットスコアの最低条件を引き上 げるなど、融資基準を厳格化する計画だ。米紙ワシントン・ポスト(オ ンライン版)が26日、ファニーメイの広報担当者ブライアン・フェ イス氏の話として伝えた。クレジットスコアは信用履歴を基に信用力 を数量化したもので、最高値は850。

同紙によると、ファニーメイは12月12日から、与信審査で頭 金の割合が20%、クレジットスコア620未満の住宅ローン申請を、 自動的に却下する。現在の足切り水準は580。さらに、頭金が20% の借り手については月収の45%を超える返済は認めなくなるという。

フェイス氏は同紙に対し、クレジットスコアが620未満の人に ついてはこのところ、返済に遅れが出る割合が他の借り手の約9倍に 達していると語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 重松 典子 Noriko Shigematsu +81-3-3201-3986 nshigematsu@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Purkiss at +44-20-7330-7760 or apurkiss@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE