ECBウェリンク氏:人民元の上昇容認しないのは輸出への懸念が背景

欧州中央銀行(ECB)の政策委 員会メンバー、オランダ中央銀行のウェリンク総裁は26日、人民元相 場の上昇を容認しない中国の判断は、輸出主導の成長が打撃を受ける との懸念が背景にあると指摘した。

ウェリンク総裁はアムステルダムでのセミナーで、「外貨準備を過 度に積み上げるという中国の選択は、人民元の上昇を望まない姿勢の 表れだ」と指摘。「輸出主導の成長に圧力がかかることを恐れ、中国政 府には人民元を上昇させようとする意志が不十分だ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE