ドル安は「悲惨」な米財政への投資家の懸念を反映-元米議会予算局長

ブッシュ前政権下で米議会予算 局(CBO)局長を務めたダグラス・ホルツイーキン氏は26日、ド ル安は米財政の「悲惨」な状況に対する投資家の懸念を反映したもの だと述べた。

ホルツイーキン氏はロンドンでインタビューに答え、「米国が長 期にわたって根本的にバランスの取れない財政見通しを示してきて いることが、懸念の本当の原因だ」と指摘。「世界の市場は常に米国 がこの問題を何とかして是正すると想定してきた。金融危機とリセッ ション(景気後退)が今この問題を圧迫している」との見方を示した。

26日の外国為替市場ではドルは対円で一時、1ドル=86円30 銭と、1995年7月以来14年ぶりの安値を付けた。24日公表された 11月3-4日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録はド ルの下落を「秩序だった」動きだと指摘したことから、トレーダーの 間では米当局がドル相場のてこ入れに動かないシグナルだと受け止 められた。オバマ政権の下で米財政赤字は2009年度(08年10月- 09年9月)に過去最大の1兆4000億ドルに膨らんだ。

08年の大統領選挙でジョン・マケイン共和党候補の首席経済顧 問だったホルツイーキン氏は「ファンダメンタルズ(経済の基礎的諸 条件)を管理できれば、ドルはそれについてくるだろう」とした上で、 「人々は財政赤字に関してはオバマ大統領を信頼していない。これま でのところ大統領の政策運営には、政府プログラムの縮小や均衡回復 を目指す真剣な姿勢が見当たらない」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE