インド株(終了):センセックス、1カ月で最大下落-リライアンス安い

インド株式市場では、指標の センセックス30種株価指数が1カ月近くで最大の下落となった。今 年の相場上昇が行き過ぎとの見方から売られた。指数内のウエートの 大きいリライアンス・インダストリーズとICICI銀行が下げを主 導した。

SBIアセット・マネジメント(ムンバイ)の最高投資責任者 (CIO)、ナブニート・ムノト氏は、「今年に入ってから急激に上 昇したため、下落は極めて当然のことだ」と語った。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は、前日比344.02ポイ ント(2%)安の16854.93と、3日以降で最大の下落。年初来で は75%上げており、このままでいけば年間ベースで1991年以降で 最大の値上がりとなる。

時価総額でインド最大の企業、リライアンス・インダストリーズ (RIL IN)は3.1%安の1063.75ルピー。国内2位の銀行、IC ICI銀行(ICICIBC IN)は4%下げ865.50ルピーとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE