ECBのウェーバー氏:出口戦略について考え始めるべき時だ-講演

欧州中央銀行(ECB)政策 委員会メンバー、ウェーバー独連銀総裁は26日、金融・財政面での 景気刺激策の引き揚げについて考え始めるべき時が来ているとし、こ うした措置を拡大すべきではないとの考えを示した。

同総裁はライプチヒでの講演で、「金融・財政面での大規模な政 策措置は正しく、かつ必要なものだったが、こうした措置が拡大され たり、自律的回復を押しのけることがあってはならない」と発言。

さらに、「経済状況と金融市場が現水準の安定に達した」ことに 照らし、出口戦略を含めて「危機対応における次の一歩を、より真剣 に考え始めるべき時だ」と付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE