香港株(午前):下落、資本めぐる懸念で中国の本土銀行株が安い

午前の香港株式相場は下落。中 国の銀行は資本増強のため増資が必要になるかもしれないとの懸念か ら本土の銀行株が下げ足を速めた。

時価総額で中国2位の銀行、中国建設銀行(939 HK)は2.8% 安。資本増強について「さまざまな選択肢」を検討していると表明し た中国銀行(3988 HK)も1.8%下落。上場初日となった中国初の民 間銀行、中国民生銀行は1.2%下げた。コンピューターモニター受託 生産で世界最大手、冠捷科技(TPVテクノロジー、903 HK)は

6.7%安。米ゴールドマン・サックス・グループが目標株価を引き下 げたことが響いた。

ハンセン指数は香港時間午後零時半(日本時間同1時半)現在、 前日比1.1%安の22369.61。このままいけば、今月10日以来の安値 で取引を終えることになる。ハンセン中国企業株(H株)指数は同

1.6%安の13237.80。

-- With assistance from Susan Li in Hong Kong. Editors: Nick Gentle, Sam Waite

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Hanny Wan in Hong Kong at +852-2977-6601 or hwan3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE