ドバイ・ワールドの債務繰り延べ要請、ペルシャ湾岸の国債市場大揺れ

アラブ首長国連邦(UAE)ドバ イ首長国の政府系投資持ち株会社ドバイ・ワールドが全債務の支払い 繰り延べを債権者に求めたことにより、ペルシャ湾岸市場の全体で投 資家心理が動揺している。ドバイの繰り延べ要請は、2001年のアルゼ ンチン以来の国債デフォルト(債務不履行)につながる恐れがある。

590億ドル(約5兆1100億円)の債務を抱えるドバイ・ワールド は25日、返済繰り延べの交渉を進める間、全債権者に「停止合意」を 求めた。これを受け、カタールやサウジアラビアなど湾岸諸国の国債 保証料が6月以降で最大の上昇を記録した。ドバイ・ワールドの不動 産開発部門ナヒールの債券は12月14日に償還期限を迎える。CMA データビジョン(ロンドン)によると、クレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)によるドバイ国債の保証コストは、120ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)上昇し、438bpに達した。

マトリックス・コーポレート・キャピタルで転換社債とイスラム 債の責任者を務めるノーバル・ロフタス氏は「このような出来事は投 資家が最も嫌うことだ」と指摘。「最悪のシナリオはもちろん、ナヒー ル債の強制的再編だろう。そうなればこの地域のさまざまな借り手に 対する国の支援の在り方全体に疑問が投げ掛けられることになる」と 語った。

デフォルトと見なすのも可能

米格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスとスタ ンダード・アンド・プアーズ(S&P)は25日、ドバイ・ワールドの 繰り延べ計画はデフォルト(債務不履行)と見なすことも可能だとし て、複数の政府系企業を格下げした。

ドバイは建設ブームに沸いた4年間に800億ドルを借り入れ、減 少する原油供給への依存度を低減させながら、湾岸地域の観光・金融 のハブを構築した。トロントに本拠を置くRBCキャピタル・マーケ ッツの新興市場調査責任者、ニック・シャミー氏は「ドバイは巨額の世 界的流動性で好景気に沸いた典型だ」と解説した。

CMAによると、湾岸諸国の国債のCDSは25日、軒並み上昇し た。サウジアラビアは11.5bp上昇し86.5bp、カタールは5.5bp 上昇し99bp。アブダビ首長国は34.5bp上昇し134.5bp。ドバイ 国債の保証コストはアイスランドを上回る。

事情に詳しい関係者一人によると、ドバイ・ワールドの最大の債 権者はアブダビ・コマーシャル・バンクとエミレーツNBDで、この ほかクレディ・スイス・グループ、HSBCホールディングス、バー クレイズ、ロイズ・バンキング・グループ、ロイヤル・バンク・オブ・ スコットランド・グループ(RBS)なども融資している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE