フィデリティ、ボルトン氏が運用復帰-来年3月から中国関連運用

フィデリティ・インターナショナ ルは26日、運用部門プレジデントのアンソニー・ボルトン氏が運用業 務に復帰すると発表した。

同社が電子メールで配布した報道資料によると、同氏は2010年初 めに香港に移住し、同年3月末に設定予定の中国や中国に関連する投 資機会をとらえる新たなポートフォリオの運用を担当する。

ボルトン氏は資料の中で、「中国では今後10年に大いなる投資機 会があると強く確信している」と述べている。

同氏は英のミューチュアル・ファンド「フィデリティ・スペシャ ル・シチュエーション・ファンド」を1979年の設定時から2007年末 まで運用、その間年率19.5%の運用成績を上げた。同年末以降はフル タイムの運用業務から退き、後進の指導などに専念している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE