韓国総合指数の目標を一段と上方修正も、業績好調で-モルガン・S

モルガン・スタンレーは、韓国 の企業利益がアナリスト予想を上回り、これが韓国総合株価指数の目 標の一段の上方修正を促すとの見通しを明らかにした。

同社の韓国調査担当責任者、チャニック・パーク氏は25日ソウル で行われたインタビューで、「企業利益の勢いは力強い。われわれの 2010年の利益見通しは従来よりも大幅に改善されている」と語った。 同氏は8月26日、向こう1年の韓国総合株価指数の目標を1650から 1800に9%上方修正した。

パーク氏によれば、アナリストらは韓国企業の増益率を09年が 54%、10年は32%になると見込んでいる。今年1-9月期の純利益は 市場予想を18%上回った。

韓国総合指数は今年44%上昇し、このままいけば年間では4年ぶ りの大幅高となりそうだ。ただ、通貨ウォン高の輸出への悪影響もあ って、同指数はアジアの新興市場国・地域では最低のパフォーマンス となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE