仏ベオリア:英水道事業子会社の株式売却計画を棚上げも-関係者

世界最大の水道事業会社である フランスのベオリア・エンバイロメントは、英水道事業子会社の株 式49%を売却する計画を棚上げする可能性がある。提示された買収 金額が予想を下回ったためという。事情に詳しい関係者2人が明ら かにした。

ベオリアの英水道子会社に対しては、米投資会社のブラックス トーン・グループや米ゴールドマン・サックス・グループのインフ ラ投資ファンドなどから買収案が提示された。協議が非公開である ことを理由に同関係者が匿名を条件に語った。同関係者によると、 英水道子会社の全体の評価額は、債務と株式を含めて約8億ドル (約690億円)という。

世界的な景気減速で廃棄物処理や再生処理の需要が抑制され るなか、ベオリアは30億ユーロ相当の資産を2011年までに売却し、 コストを削減する計画。

ベオリアの広報担当者は、英水道子会社の株式売却計画につい てコメントを控えた。ブラックストーンとゴールドマンの関係者も コメントを避けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE