藤井氏:異常な動きに対して適切な措置取る必要-為替相場

藤井裕久財務相は26日昼すぎ、 財務省で一部記者団に対し、ドル円相場が14年ぶりの1ドル=86円 台に突入したことを受けて、「極めて注視している」と語った。

財務相はこれより先に、都内で一部記者団に対し、同日午前の東 京外国為替市場で1ドル=87円台前半まで円高が進んだことについ て「今は見守る。注視する段階だ」と述べた上で、「異常な動きに対し ては適切な措置を取らなければならない。これは世界共通の考え方で あり、日本の考え方だ」との考えを示した。

藤井財務相はまた、「強いドルが米国の国益になる。それを支持す るという考えは変わっていない」と強調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE