露ロスネフチの7-9月期:66%減益-10~12月は改善の見通し

ロシア最大の石油会社、ロスネフ チが25日発表した2009年7-9月(第3四半期)決算は、原油価格 の落ち込みなどが響き、前年同期比で66%減益となった。10-12月(第 4四半期)は利益増加を見込んでいる。

同社のウェブサイトによると、7-9月期の純利益は11億7000 万ドルと、ブルームバーグがまとめたアナリスト8人の予想中央値(14 億3000万ドル)を下回った。売上高は前年同期比37%減の130億ド ル。

生産は増加したものの、40%の原油値下がりを補うことができず、 減益につながった。ロシアが主に輸出するウラル原油価格は7-9月 期に1バレル当たり平均で67.94ドルと、前年同期の113.48ドルから 下落した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE