アジア株:総じて上昇、商品高で資源株に買い-日本株は円高が重し

26日午前のアジア株式相場は総じ て上昇。原油と金属相場高を受けて資源株がけん引している。米ドル が円に対して14年ぶり安値に近づいたため、日本の自動車と電機株は 売られた。

世界最大の鉱山会社、オーストラリアのBHPビリトンは1%高。 25日のニューヨーク銅先物相場が1年2カ月ぶりの高値を付けたこ とが好感された。オーストラリア2位の石油生産会社、ウッドサイド・ ペトロリアムは1.2%上昇。原油相場が一時、1バレル=78ドル台を 付けて材料視された。北米での売上高が全体の47%を占めるホンダや ソニーは安い。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午前10時14分現在、前 日比0.2%高の118.51。上昇銘柄と下落銘柄の割合は7対6。各国政 府の景気刺策によって世界経済に回復の兆しが見られるなか、同指数 は3月9日に付けた約5年ぶりの安値から68%上昇している。

-- Editor: Darren Boey

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Shani Raja in Sydney at +61-2-9777-8652 or sraja4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE