米リーマン、デリバティブ従業員に5000万ドル支給で破産裁に許可申請

経営破たんした米投資銀行リ ーマン・ブラザーズ・ホールディングスが、デリバティブ(金融派 生商品)部門の従業員に計5000万ドル(約43億7000万円)を支 給する計画を許可するようニューヨーク連邦破産裁判所に求めたこ とが、届出文書から25日分かった。

それによると、リーマンのフルタイム従業員約230人は現在、 同社が契約・保証した1万件を超えるデリバティブ取引を解消する 作業を続けている。これまでに現金80億ドル超を回収し、取引全 体の17%の決済を完了した。デリバティブ部門の従業員は全体の半 分を占め、少なくとも来年いっぱいは多忙な状態が続く見通しとい う。

リーマンは昨年9月、米史上最大規模の破たんに陥り、連邦破 産法11条に基づく会社更生手続きを申請した。総資産6390億ドル だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE