セシール株急騰、フジメHDが完全子会社化-1株180円で株式交換

フジ・メディア・ホールディング ス(フジメHD)傘下の通信販売会社セシールの株価が急騰。同社の議 決権の78%を保有するフジメHDが完全子会社化を目指すことが25日 明らかになった。フジメHDは自社以外の株主に対して1株当たり180 円を支払うとしているため、現在の株価で買い付けても投資利益が得ら れるとみた向きが買いを入れたようだ。

この日は買い気配で取引を開始、午前9時15分すぎに前日比10% 高の175円で7万5000株の売買が成立した。その後は173円から175 円の狭い価格帯で堅調に推移している。フジメHDは一時0.9%高の12 万5600円。

フジメHDは25日、全額出資会社フジ・メディア・サービスを通 じて株式交換を行い、2010年3月1日付でセシールを完全子会社化す ると発表した。約17億円を投じてフジメディアサービスがセシールの 残りの株主(議決権の約22%)からセシール株を取得する。セシール 株は2月24日に上場廃止となる見通し。

今後は通販事業を担う中間持ち株会社を設立し、セシールと同じく 通販事業を展開している子会社、ディノスとともに傘下に置く方針だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE