目玉は3ドルのパジャマに300ドル切る薄型TV-ブラックフライデー

不況で消費者の財布のひもが固く なりそうな今年の年末商戦に向け、米小売り各社は売り上げアップを 目指して競い合っている。

格安チェーンのウォルマート・ストアーズや百貨店のコールズ、 玩具のトイザラスは、値引き実施とともに感謝祭翌日の27日(ブラッ クフライデー)の営業時間を長くする。コールズは同日の早朝4時に 開店。早起きスペシャルと銘打って300点以上の目玉商品を提供する。

トイザラスは目玉商品を昨年に比べ1.5倍近くに増やした。開店 の時間も深夜と、昨年より5時間早める。

24時間営業するウォルマートの目玉は3ドル(約260円)のパジ ャマ。玩具については一部を5ドルに値引きした。家電にも力を入れ、 ウェブサイトでは配達料97セントで販促を図る。家電量販店のベスト バイは32インチの薄型テレビを299.99ドルと、300ドルを切る価格 で提供する。

ターゲットの目玉は40インチの薄型テレビ。449ドルと通常の

599.99ドルから値引きして販売する。コールズのカシミアのセーター

34.99ドルもお買い得だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE