米BOA:ドル売り・円買いを推奨-「ハト派」FRBは低金利維持へ

米銀バンク・オブ・アメリカ(B OA)は、米連邦準備制度理事会(FRB)が政策金利を過去最低に 据え置くとして、今後5カ月はドル安・円高を見込むよう投資家に勧 めた。

スティーブン・ピアソン氏ら同社ストラテジストらは24日付リポ ートで、「われわれは円に対して逆張り的な強気に転じた」とし、「わ れわれの予想では、著しい円高が出現する可能性の最も高い時期は今 から来年4月末の間だ。この期間にFRBはハト派姿勢を続ける公算 が大きく、日本の経済成長率は上振れすると予想される」と説明した。

ドルはロンドン時間25日午後5時20分(日本時間26日午前2時 20分)現在、1%安の1ドル=87円63銭。前日は88円50銭だった。 アナリストとストラテジストを対象に実施したブルームバーグ調査の 予想中央値では、米ドルは来年6月末までに95円に上昇すると見込ま れている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE