サウジ国営石油が沖縄で原油備蓄へ、緊急時は日本優先調達-日経

26日付の日本経済新聞朝刊は、と サウジアラビアの国営石油企業サウジ・アラムコのカーリッド・アルフ ァレ社長兼最高経営責任者(CEO)が25日、都内で同紙のインタビ ューに応じ、沖縄での原油共同備蓄をめぐって近く日本政府との協議に 入る考えを明らかにした、と伝えた。

日本にとっては貯蔵設備を貸し出す見返りに緊急時に原油を優先 的に調達できるメリットがあり、エネルギー安全保障の強化につながり そうだという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE