米国株:上昇、予想以上の新築住宅販売や失業保険を好感

米株式相場は上昇。S&P500 種株価指数は1年1カ月ぶり高値をつけた。午前に発表された10月の 米新築住宅販売が予想を上回ったほか、週間失業保険申請件数も減少 したことから、景気回復が拡大しているとの見方につながった。

NVRを中心に住宅建設株が上昇。米新築住宅販売は2008年以 来の高水準だった。家庭用品小売りのホーム・デポや百貨店のメーシ ーズ、ディスカウント小売りのターゲットも高い。米労働省が発表し た21日に終わった1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は 46万6000件と、08年9月以来の低水準となった。

S&P500種株価指数は前日比0.5%高の1110.63。08年10 月2日以来の以来の高値だった。ダウ工業株30種平均は0.3%上げて

10464.40ドル。ナスダック総合指数は0.3%上昇して2176.05。感 謝祭の休日を26日に控え、米国の全取引所での出来高概算は約55億 6000万株と、年初来で最も薄い商いだった。

ペン・キャピタル・マネジメントの調査ディレクター、エリッ ク・グリーン氏は「失業保険申請件数は、誰の予想よりもはるかに望 ましい内容だった。景気回復にとって非常に前向きな支援材料にな る」と述べた。

S&P500種は今年3月9日に記録した12年ぶり安値以来これ までに64%値を戻している。

住宅建設株

住宅建設株価指数は0.7%高。D.R.ホートンは0.8%上昇し た。米商務省が発表した10月の新築一戸建て住宅販売(季節調整済み、 年率)は前月比6.2%増の43万戸と、2008年9月以来の高水準を記 録した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中 央値では40万4000戸が見込まれていた。前月は40万5000戸と、 速報値の40万2000戸から上方修正された。

ホーム・デポは1.1%上昇、メーシーズ、ターゲットはそれぞれ

3.2%と0.8%の値上がり。米商務省が発表した10月の個人消費支出 (PCE)は前月比0.7%増と、ブルームバーグがまとめたエコノミ スト予想中央値(0.5%増)を上回った。10月の個人所得は前月比

0.2%増加した。市場予想は0.1%増だった。前月は0.2%増。

宝飾品小売り2位の米ティファニーが高い。同社8-10月(第 3四半期)決算は、利益がアナリスト予想を上回った。同社はまた、 通期の業績見通しを上方修正した。アジアと欧州での売り上げ拡大が 理由。

衣料小売りのJクルー・グループは7.8%の上昇。同社8-10 月(第3四半期)決算は、一部項目を除いた1株当たり利益が67セン トと、ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト予想を14%上 回った。

素材株

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)の ドル指数は3日続落。コーヒーから原油まで原材料需要が高まった。

S&P500種素材株価指数は1.5%上昇と、産業別10指数の中 で値上がり率最大だった。産金大手のニューモント・マイニングが高 い。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 は最高値を更新。ドルがさらに下げたほか、インド準備銀行(中銀) が金を追加購入する可能性があるとの報道が材料視された。

鉄鋼のUSスチールやAKスチール・ホールディングはいずれも 値上がりした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE