NY金:最高値更新、ドル下落とインド中銀の金追加購入観測で

ニューヨーク金先物相場は続伸。 ドルがさらに下げたほか、インド準備銀行(中銀)が金を追加購入 する可能性があるとの報道が材料視された。

金は一時、1オンス=1189ドルを付けた。2日からの上げ幅は 13%。インド中銀は3日、国際通貨基金(IMF)から金200トン を購入している。インドの経済紙「フィナンシャル・クロニクル」 は、インドがIMFからの追加金購入に前向きだと報じた。一方、 主要6通貨のバスケットに対するICEのドル指数は15カ月ぶり の低水準まで下げた。

ヘラエウス・プレシャス・メタル・マネジメントのトレーダー、 デービッド・リー氏は、「中銀やヘッジファンドによる金買いは極め て多く、金相場が年末前に1オンス=1200ドルに達するのはほぼ規 定路線だ」と語った。金は年初から34%上昇しており、年間ベース では1979年以来の大幅高となりそうだ。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物2月限は前日比21.20ドル(1.8%)高の1オンス=1188.60ド ルで取引を終了した。一時は0.6%上昇する場面も見られた。年初 からは32%上昇しており、このままいけば年間ベースの上げ幅は 1979年以来の最大となりそうだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE