ECBウェリンク氏:危機の最悪部分は過ぎ去った兆候-回復はぜい弱

欧州中央銀行(ECB)の政策委員 会メンバー、オランダ中央銀行のウェリンク総裁は25日、危機の最悪部 分は過ぎ去ったとの兆候がみられるが、回復は依然として崩れやすい状 態にあると述べた。

ウェリンク総裁はアムステルダムで講演。発言の内容は配布された 講演テキストで明らかになった。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE