人民銀の易綱副総裁:中国の金利は他の国に比べて低くはない

中国人民銀行(中央銀行)の易綱副 総裁は25日、中国の金利は他の諸国に比べて低くはないとの認識を示 し、2010年に入っても現行金利水準が維持可能だとの考えを示した。

また、中国の消費者物価指数(CPI)上昇率は今年10-12月(第 4四半期)にプラスに転じるとの予想を示した。インフレ率は09年通年 ではマイナスとなり、10年に若干のプラスになると予想した。

同副総裁は北京でのフォーラムで語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE