国の債務管理のあり方懇:12月半ばに国債管理政策の議論まとめる

財務省は25日午後、国の債務管理 のあり方に関する懇談会(座長:田中直毅国際公共政策研究センター理 事長)を省内で開催し、国債管理政策への取り組みなどについて意見交 換した。財務省幹部は会合後の記者説明で、この日は10月以降に実施 した過去3回の議論の論点整理を行ったと述べた。

そのうえで財務省幹部は、12月半ばに同懇談会を再度開催して、 金融危機下における国債管理政策がいかに機能したか、あるいは今後も 国債の大量発行が見込まれるなかで市場との意思疎通をどのように図っ ていくかなどの議論をまとめる考えを示した。

個別の議論の内容としては①市場との対話②国債の商品性や保有者 層の多様化③国債市場の流動性の向上④債務管理の高度化-が挙げられ る。

国債の商品性の多様化としては、現在のところ30年、40年国債は 市場の厚みに乏しいが、生命保険会社などの需要がおう盛であることか ら、今後も超長期債市場を育成していく必要があるとの認識を示した。 また、発行を停止している物価連動国債については、インフレ期待が高 まる局面ではグローバルに需要が高まることが考えられるため、変動利 付国債とともに発行の再開を検討していくといった議論があることを明 らかにした。

一方、同幹部によると、保有者層の多様化としてこれまで個人や海 外投資家の開拓にあたっており、個人投資家向けには3年国債の発行準 備をはじめ、10年変動国債の金利の決定方式や中途換金の制度のあり 方、さらには一段の品ぞろえの必要性の有無などが議論の対象となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE