金現物・先物、ともに最高値更新-インドのIMFから追加購入観測で

金相場は25日、アジアでの取引 時間に現物と先物ともに過去最高値を更新した。中央銀行が金の購入 を続けるとの観測やドル安のヘッジ手段として金を買う投資家の動き を受けた。

インド準備銀行(中銀)が国際通貨基金(IMF)から金200ト ンを購入した今月3日以来、金相場は11%上昇。25日は同国がIMF からの追加購入に前向きとの報道を受け、現物相場が一時、1オンス =1178.15ドルを付けた。同中銀のスバラオ総裁はコメントを控えて いる。

シンガポール時間午後2時8分(日本時間同3時8分)現在、金 現物は前日比0.6%高の1176ドル。ニューヨーク商業取引所(NYM EX)COMEX部門の金先物2月限は1179.70ドルの最高値を付け た後、直近は1178.30ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE