UBS:カナダの株式業務拡充でバンカーら採用へ-問い合わせ多数

スイスの金融大手UBSは、カ ナダにおける株式業務拡充に向けて、向こう2年間でセールスとトレ ーディング担当者10名余りを採用する計画だ。競合他社の社員からの 問い合わせも記録的な数に上っているという。

UBSのカナダ株式部門責任者、リック・メスリン氏はUBSカ ナダ本社のあるトロントでインタビューに応じ、「過去10年間で経験 したことがないほどの数の問い合わせがあった」と語った。

メスリン氏によれば、UBSは向こう2年間にカナダの株式部門 の人員を年10%前後のペースで増員する計画。同氏は3月以降、約100 件の採用面接を行ったという。調査とセールス、トレーディングを含 む人員数は現在約68人で、2007年初めの約90人から減少している。

メスリン氏は「かつてないほどの数の経験豊富でレベルの高い人 材が求職している」とした上で、「わたしに現時点で5-7人を採用 する権限があれば、そうするだろう」と述べた。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)やモントリオール銀 行などカナダの金融機関は今年、北米で700人余りのインベストメン トバンカーやトレーダー、アナリストを採用した。一部は米金融大手 ゴールドマン・サックス・グループや米銀シティグループから採用さ れた。

ブルームバーグの集計によれば、世界恐慌以来で最悪の金融危機 のさなか、UBSは07年10-12月(第4四半期)以後、全世界で少 なくとも1万8740人の人員を削減した。UBSは国際的に採用計画を 公表しているが、カナダ部門は他の大半の地域に先行しているという。

UBSセキュリティーズ・カナダのポール・ナイト会長兼最高経 営責任者(CEO)は「カナダでは商品関連事業が非常に好調なため、 採用に関してはグローバルな大勢よりもさらに進んでいる」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE