中国船舶重工業:上海市場で830億円規模の新規株式公開を計画

中国最大の船舶用機器メーカー、 中国船舶重工業は25日、上海での新規株式公開(IPO)を通じて 少なくとも64億元(約830億円)を調達する計画を発表した。中国 は、日本や韓国製の船舶用エンジンへの依存引き下げを図っている。

証券取引所への届け出によれば、同社は調達資金を22プロジェク トの実施・拡張やエンジンなど部品生産能力の拡大に活用する方針だ。 発行済み株式の30%に相当する最大19億9500万株を売り出す予定で、 IPO価格は12月3日に発表される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE