米S&P:アジア太平洋の合成CDO案件49件、55トランシュ格下げ

米格付け会社スタンダード・ア ンド・プアーズ(S&P)は25日、アジア太平洋(日本を除く)地域 の企業の合成債務担保証券(CDO)案件49件の55トランシェを格 下げしたと発表した。

S&Pの発表文によれば、総額約34億8000万ドル(約3074億円) 相当の証券が影響を受ける。通常のCDOは債券やローンを束ねて組 成されるが、合成CDOにはデリバティブが組み入れられている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 藤田比呂子 Hiroko Fujita +81-3-3201-8662 hfujita2@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Tom Kohn at +852-2977-6610 or tkohn@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE