中国の北京汽車:サーブ出資、慎重に見直す-ケーニッグゼグ撤退で

中国の自動車メーカー、北京汽車 工業は25日、米ゼネラル・モーターズ(GM)のサーブ部門への出資 計画を「慎重」に見直す方針を示した。

北京汽車とともにサーブ買収を目指していたスウェーデンの高級 スポーツカーメーカー、ケーニッグゼグ・オートモーティブを中心と するケーニッグゼグ・グループがサーブ買収計画から撤退したことを 受け、電子メールでコメントを発表した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Neil Denslow at +852-2977-6639 or ndenslow@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE