米MBA住宅ローン申請指数が低下-購入指数は改善

全米抵当貸付銀行協会(MBA) が25日発表した20日終了週の住宅ローン申請指数(季節調整済み) は低下した。購入指数は上昇したものの、借り換え指数が低下し、住 宅市場が一様には回復していない状況が示された。

MBAによれば、購入指数などで構成する住宅ローン申請指数は

601.0と、前週の629.1から4.5%低下した。借り換え指数が9.5%下 がる一方、過去12年で最低の水準に落ち込んでいた購入指数は上昇に 転じた。

住宅ローン金利の低下や、初回住宅購入者を対象とする税額控除 の延長が住宅市場を後押ししている。ただ、米失業率が来年半ばまで 10%を上回る水準にとどまると予想されるため、差し押さえの増加が 住宅市場の回復を脅かす恐れがある。

バークレイズ・キャピタルのエコノミスト、ミシェル・マイヤー 氏(ニューヨーク在勤)は「政策措置などの影響で今後の住宅市場の 回復は浮き沈みを伴う展開となるだろう」と指摘した。

20日終了週の借り換え指数は2818.7と、前週の3115.1から低下。 購入指数は223.1と、1997年11月以来の低い水準となった前週の

203.6から9.6%上昇した。住宅ローン申請件数全体に占める借り換え 件数の割合は71.7%だった。

住宅ローン金利は、30年物固定金利型が平均4.82%で前週と同水 準。今年3月末には90年の統計開始以来の最低水準(4.61%)を記録 していた。

15年物固定金利型も4.32%と前週から横ばい。変動金利型の1年 物は6.66%と、前週の6.85%から低下した。

-- With assistance from John Gittelsohn in New York. Editors: Vince Golle, Brendan Murray

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Shobhana Chandra in Washington at +1-202-624-1888 or schandra1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Wellisz at +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE